建築施工管理技士とは、国家資格である施工管理技士の資格(取得することで就職に有利になったり、給与アップにつながることもあるものです)の中の一つです。施工管理技士には、建築施工管理技士の他にも、建築機械施工・土木施工管理・電気工事施工管理・管工事施工管理・造園施工管理と全部で6種類(コレクターは全て揃えたくなってしまうものです)あります。その中でも、建築施工管理の資格(取得することで就職に有利になったり、給与アップにつながることもあるものです)は、建築工事において工事の進行と施工を指揮管理出来る資格(対策をしっかりしないと、時間とお金のムダになりかねません)のです。建築施工管理士には一級と二級があり、大規模な工事で主任技術者・管理技術者になるのであれね、1級資格を取る必要があります。工事の進行と施工を管理する資格(取得するのが趣味なんて方もたまにいますよね)ですから、その就職先は建築関係の職場になります。需要のある就職(就職氷河期といわれて久しい昨今では、大学を卒業しても就職浪人になってしまうことも少なくありません)先としては、建築・大工・左官・とび・土木・石工事・屋根工事・タイル、レンガ、ブロック工事・鋼構造物・鉄筋工事・板金工事・ガラス工事・塗装工事・防水工事・内装仕上げ工事・熱絶縁工事・建具工事などを行なっている企業(ブラックだったりすると、辞める頃には心も体もボロボロに・・・)などです。これらの業種の工事に関わる主任技術者及び管理技術者として働くことができます。二級の場合なら、建築・躯体・仕上げのいずれかを選択することになりますから、選択した工事に関わる現場でのみ、主任技術者及び管理技術者として働くことができるでしょう。建築・躯体・仕上げの全てを扱えるようになりたけれね、それぞれ別途に選択し、三回の受験に合格する必要があります。公共事業(税金の無駄遣いだと批判されることも多いですよね)の工事や、民間工事の中でも一定規模以上の大規模工事での管理技術者を希望行う場合には、一級合格後に管理技術者講習を受けなければなりませんー